メーカー名
(株)津川洋行
商品説明

紀州鉄道の前身、御坊臨港鉄道は1931年 (昭和6年)に御坊駅-紀伊御坊駅間1.8kmで営業運転を開始、1972年 (昭和47年)に紀州鉄道にかわり、現在の路線は御坊駅-西御坊駅間2.7km日本有数の超ミニ鉄道です。DB158ディーゼル機関車は、戦後に導入された八幡製鉄所15tBタンクを石炭の高騰のため燃料効率の良いディーゼル機関車に改造を企画、実績のある森製作所が1951年 (昭和26年)車両を制作通称 「森ブタ」 の標準形となりました。Nゲージ動力付車両では初めてとなる、ジャック軸仕様ロッドタイプの2軸ディーゼル機関車です。年代毎の車体色と各仕様のライト、ステップ、マフラーを別パーツ (取付け作業が必要です)にしました。連結はアーノルドカプラーとドローバーフックの選択式、ダミーナックルも付属しています。また、実感的な5mm小径車輪を使用しました。【製品仕様】塗装済完成品 (プラスチック製)。車体長:約41mm (カプラー除く)。車体幅:約15.5mm。車体高:約21mm (ライト除く)。カプラー選択方式。車体標記印刷済。5mm径車輪使用。※一部の部品は取付け作業が必要です。付属品:アーノルドタイプカプラー、ドローバーフック、ドローバー、ダミーナックル、ライト、マフラー、ステップ、コンプレッサー ※部品は取付け作業が必要です。

【お買得】 動力付 緑×黄 後期仕様 DB158 (旧御坊臨港鉄道) 紀州鉄道 Nゲージ 14049 ディーゼル機関車【配送日時指定不可】 鉄道模型-電車